乱交の盗撮や撮影には十分に注意して

shutterstock_131855645-min
乱交をする際には、その集まりの種類や参加者によって、乱交の場を撮影したりするような人もいます。

他にも、撮影をしていないように見せかけて鞄の中にカメラを隠したり、部屋の中にカメラを仕込んで盗撮をしたりするというような人も結構います。

そして、撮影した動画をインターネットのアダルト動画サイトなどにアップロードするということをしているわけです。

もしも自分がそれに映っていたら、日常生活に支障をきたす場合がありますからね、事前に阻止したいところです。

■乱交での撮影のリスク

当然ですが、自分がセックスをしている姿が見られてしまう上に、インターネットが閲覧できる人なら誰にでも見られてしまうので、知り合いに見られてしまうというリスクも持っているわけです。

そうなってしまうと、自分の人間関係にも支障が出てしまいますし、未婚の方は将来、恋愛や結婚をするときにも間違いなく障害になると言っていいでしょう。

一時の快感のために負うリスクとしては大き過ぎると言わざるを得ません。

■撮影や盗撮の対策

一番の対処法としては、やはりカメラの持ち込みを禁止するという方法です。

持ち物検査が実施されている乱交パーティーであれば、外部からカメラの持ち込みをおこなうことはできません。

他にも、乱交前に参加者全員のスマホ、携帯電話を集めるなどして、スマホ、携帯のカメラで写メや動画などの撮影をできないようにすることで、リスクを避けることができるでしょう。

残念ながら、事前に室内などにカメラを仕掛けられている場合に関しては、対策が難しい面があります。

あえて言うなら、乱交の前に部屋の中を全員でチェックして、ということもできますが、そこまですることができるようならそもそも盗撮目的の人が主催したりはしませんからね。

撮影のリスクを無くす方法の一つに、あまり自分の顔を出さないようにマスクをしたりするなどの措置もあります。

しかし、相手を冷めさせてしまったり、自分の興奮度が下がるといったことも考えられます。

■まとめ

撮影や盗撮というのは、それ自体はそれ程リスキーなことではないように想えるかもしれませんが、昨今のネット社会において、それは自分の人生にとってとても致命的な打撃になる可能性もあります。

盗撮で得た動画や画像に、モザイクや目線などをかけない人も多いですからね。

乱交パーティー募集掲示板 HOMEへ

   

 - 乱交する際の注意点