乱交を主催する場合には売春防止法に注意して

shutterstock_279434186-min
乱交を個人的に楽しむということは、何も法律に違反したことではないのですが、実は気をつけて遊ばないと別の罪に問われてしまうことがあります。

乱交パーティでは売春防止法に触れないように気をつけてください。

■売春防止法とは何か

売春防止法というのは、売春そのものを禁止するのではなく、売春によって人間の尊厳を害し、性道徳に反するような社会の善良的な風俗をみだすことを助長する行為を処罰する、というものです。

これは、実は、単純に売春を個人で斡旋する行為も含まれているので、乱交の募集方法に気をつけないと売春防止法に引っかかってしまうことがあるのです。

■売春防止法の罰則

明確な罰則規定はないですが、組織的な売春斡旋をしているとみなされた場合は禁固刑、または懲役になるという場合があります。

特に、主催者は罪が重くなりますので、乱交の主催をする場合は気をつけなくてはいけません。

■売春防止法にならないようにするためには

まず、全員が同意して参加しているということを、証明できるものを紙面で作っておくべきです。

そして、なぜ乱交が売春防止法に触れてしまう可能性があるかということなのですが、それは乱交パーティの主催側が女性を集めるために、女性にお金を渡して乱交のメンバーとして参加してもらうという、いわゆるお金で雇ってというようなケースがあるからです。

つまり、乱交に参加する女性との関係にお金が介在してしまうと、それは売春防止法に接触してしまう危険性があるのです。

ですから、乱交をするときは女性側もちゃんと同意して自ら参加して、お金を発生させないように気をつけていれば大丈夫だということです。

■まとめ

乱交というのは基本的には参加希望者が自分の意識で集まってくるものなのですが、女性参加者の希望者が少ない場合は、主催者がお金を使ってでも集めようとしたりするので、それが売春防止法に触れてしまうというわけですね。

実際に、これで立件されてしまい、起訴処分になったというケースもありますので、甘く見ないように。

あくまで、全員自由意思での参加ができるようにして楽しみましょう。

乱交パーティー募集掲示板 HOMEへ

   

 - 乱交と法律